• 文字サイズ
  • 標準
  • 小

部門ご案内

『地域医療連携部』

地域医療連携部は、「地域包括ケアシステム」において患者さんと地域をつなぐための窓口としての役割を担っています。 当センターの精神科専門医療としての機能を有効に活用していただくために、 密な連携ができるように心がけています。
また、各種相談窓口として精神保健福祉士、社会福祉士、看護師、介護支援専門員などの資格を持つスタッフが、チームとして外来受診・入院・退院後の生活支援・家族相談までを支援しています。

地域医療連携部

Forward support

1
受診・入院に関すること
医療機関からの受診予約受付
患者さん・ご家族からの受診予約受付
医療機関からの検査予約受付
転院調整(入院・退院)
2
医療福祉・生活に関すること
福祉サービスの利用(介護保険、障害年金、障害者手帳、施設入所など)
退院の調整(医療機関や訪問看護、各事業所等との連絡・調整など)
個別ケア会議の開催
生活環境の調整(療養上の問題、日常生活援助、経済的なこと、就労支援など)
3
主な集団プログラムに関すること
救急病棟において家族教室・心理教室
アルコール依存症教育プログラム
閉鎖病棟において生活技能訓練
児童病棟集団療法
思春期病棟集団療法
4
地域連携に関すること
広報誌「光る風」の発行
市民セミナーの開催
北区医師会等との地域連携関連会議への参加
地域医療機関、保健・福祉関係機関等への訪問
5
子どもの心の診療ネットワーク事業
症例検討会の開催
シンポジウムの開催
子どもの心の診療ネットワークの構築
6
その他
実習生の受け入れ