管理栄養士インタビュー

管理栄養士インタビュー

管理栄養士インタビュー

栄養管理課は病院の「お母さん」

管理栄養士(栄養士)になろうと思ったきっかけは何ですか?

なかなか減量できない父を見て、つらい食事制限などせずにおいしく食事をしながら健康を維持できないかということに関心をもつようになり、栄養系の大学に進みました。病院の管理栄養士になろうと思ったのは患者さんとの関わりを大切にしたいと思ったからです。

実際に管理栄養士(栄養士)の業務をやってみてギャップはありましたか?

患者さんをサポートすることが仕事だと思っていましたが、患者さんに教えてもらうこともたくさんあると感じました。また、病棟での栄養管理と調理場での給食管理の両方をしなければならず、業務が幅広いことも大きなギャップでした。

業務の中で一番苦労した点は何ですか?(それをどのように乗り越えたかも含む)

栄養相談で伝えたつもりのことがきちんと伝わっていないこともあるということです。絵で伝える、メモに書いて渡すなど、それぞれの患者さんに合った伝え方があると感じましたが、患者さんとの関わり方はまだまだ勉強中です。

今、一番やりがいを感じていることは何ですか?

新メニューを提供し患者さんに「おいしかった」と言ってもらえることです。良い意見でも悪い意見でも患者さんの声を直接聞き、献立の改善に努めていきたいです。

ひょうご こころの医療センターで働いていてよかったと感じたことは何ですか?

精神科病院だからか患者さんとスタッフの距離が近い様に感じます。そのような方々を見て、食事の話だけにとどまるのではなく患者さんの生活全体を考え、気持ちによりそって話を聴く…と心がけることができるようになりました。

ひょうご こころの医療センターで働いて自分自身、成長したな(変わったな)、と思う点を教えてください。

病院食に対する考え方が変わりました。栄養価、人員、費用などの制約はありますが、「病院食だから…」と言い訳はせずに、家庭の食事、ホテル、レストランと同じくらい患者さんに満足してもらえる食事を提供したいと思うようになりました。

ひょうご こころの医療センターで、今後、挑戦したいことは何ですか?(展望、又は目標など)

精神科栄養士の仕事はまだまだ未開拓な部分が多いですが、その分チャンスもたくさんあると思うので、もっと患者さんと関わる機会を増やし、栄養士にしかできない仕事を見つけていきたいです。
栄養管理課は病院の「お母さん」だと考えています。患者さんにはおいしい食事を楽しんでいただき、健康を考えた栄養管理をしていきたいです。

今後、入職する方へメッセージ(アドバイス)をお願いいたします。

“患者さんが楽しく生活できるように”をモットーに仕事をしています。やりたいこと、目標がある方は、やり甲斐のある仕事ができると思います。

たべものの話 こんな時どうしたらいいの? 患者さんからのメッセージ しずくちゃんだより
Copyright © by internet section of Hyogo Mental Health Center:allrightreserved.