認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センター

当院は平成29年1月から神戸市より認知症疾患医療センターの指定を受け、保健・医療・福祉の各機関と連携しながら、認知症の鑑別診断や専門医療相談等を実施し、認知症の早期発見、診断を行っています。また、保険医療関係者等への研修を実施し、人材の育成などにより、地域における認知症疾患の保健医療水準の向上を支援しています。精神科病院として積み重ねてきた患者様への医療や生活支援、地域移行、就業に関する数多くのノウハウと豊富な訪問看護経験を持っており、これを活かす事によって認知症患者様とその家族の安全、安心な毎日の暮らしに、貢献したいと考えております。

認知症疾患医療センター事業を行っています
「こころと認知症」を診断する病院です

地域型認知症疾患医療センターの運営について

業務内容

医療相談

認知症疾患医療センターには、認知症に関する専門知識を有する精神保健福祉士、認知症看護認定看護師、精神科認定看護師(老年看護)等の相談員を配置し、ご本人、ご家族、関係機関(あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)、区役所、介護保険事業所等)からの認知症に関する医療相談に対応するとともに、状況に応じて、当院での診療または適切な医療機関等の紹介を行います。

認知症の鑑別診断と対応

認知症疾患医療センターでは、MRI・SPECT検査等による医学的診断や、日常生活の状況や、他の身体疾患等の状況等も踏まえ、総合的に評価を行うとともに、関係機関と情報の共有化を図り、医療・介護・生活支援等の支援に結び付けていきます。
診断後は、ご本人のかかりつけ医と連携を図り、日常の診療はかかりつけ医に委ねることを基本とします。

身体合併症、行動・心理症状への対応

認知症の人の身体合併症及び行動・心理症状の治療について、認知症疾患医療センターが持つネットワークを活用し、地域の認知症に係る専門医療機関、一般病院と緊密な連携を図り、地域全体で受け入れる体制をつくっていきます。

地域連携の推進

北区における認知症疾患医療連携協議会を開催し、あんしんすこやかセンター(地域包括支援センター)、認知症サポート医、かかりつけ医、医師会、医療介護サポートセンター(在宅医療・介護連携支援センター)、介護保険事業所、家族介護者の会等、認知症の人の支援に携わる関係者のネットワークづくりを推進します。

神戸市の認知症施策への協力

神戸市が実施する、認知症初期集中支援チーム等の認知症関連事業に協力します。

電話相談

認知症相談専用ダイヤル078-940-5522 土曜日、日曜日、祝休日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く平日の9:00~17:00で対応しております
  • ① 利用対象者
    • ・認知症または認知症が疑われるご本人やご家族
    • ・認知症医療に携わる医療関係者など(医療・介護・福祉等)
  • ② 場所:兵庫県立 ひょうご こころの医療センター 本館2階 認知症疾患医療センター
  • ③ 精神保健福祉士等の専門の相談員が認知症に関する各種ご相談をお受けします
  • ④ 費用:無料

物忘れ画像

認知症疾患医療センターの仕組み

もの忘れ外来

「もの忘れ外来」を設置し、認知症の病状評価または鑑別診断を行います。
治療方針の決定後は、かかりつけ医またはお近くの医療機関等で継続的な治療をお願いしていきます。

『完全紹介予約制』となっております。

予約について

物忘れ外来の受診を希望される方は、認知症疾患医療センターへお電話(078-940-5522)でご予約ください。

診察の流れ

検査内容

頭部MRI、CT、脳波、脳血流シンチグラフィー、心理検査、血液検査、髄液検査 等

認知症疾患医療センターでは、様々な保健医療.介護機関と一緒に問題解決に向けて連絡、相談行っています。安心してご相談ください。

認知症に関する研修のお知らせ

ただ今準備中です。決定次第ホームページ上でお知らせさせて頂きます。
ご迷惑をお掛けしますが、今しばらくお待ち下さい。

たべものの話 こんな時どうしたらいいの? 患者さんからのメッセージ しずくちゃんだより
Copyright © by internet section of Hyogo Mental Health Center:allrightreserved.