• 文字サイズ
  • 標準
  • 小

診療ご案内

児童思春期精神科

Children adolescent psychiatry

当院では、平成25年3月に児童思春期専門外来、6月に児童思春期病棟を開設しました。

児童思春期の発達や情緒的な問題、こころの問題の診療を行っています。
20歳未満の自閉症スペトラム障害や多動性障害などの発達障害、統合失調症などの精神病性障害、気分障害、適応障害などのストレス関連障害、摂食障害などの精神疾患を対象としています。
また、不登校や虐待などの心理的な問題などの相談も受けています。

平成26年度から、厚労省の「子どもの心の診療ネットワーク事業」における兵庫県の拠点病院として位置づけられました。
県内の医療機関や児童相談所などの保健福祉機関、学校などの教育機関などと連携し、関係機関への相談事業や啓発活動を行っています。

平成29年度から、不登校の中学生向けの治療として「ひかりの森合宿入院」を始めました。
不登校の子どもたちが、子ども集団の中で自分自身を取り戻していくことを目指しています。

対象年齢

20才未満の方

対象となる疾患

  1. 統合失調症などの精神病性障害
  2. うつ病、躁うつ病などの気分障害
  3. 適応障害や不安障害、解離性障害、強迫性障害などのストレス性関連障害
  4. 拒食症や過食症などの摂食障害
  5. 広汎性発達障害や多動性障害などの発達障害
  6. 不登校やひきこもり、虐待などの心理的問題

受診のご案内

児童思春期センター「ひかりの森」