• 文字サイズ
  • 標準
  • 小

診療ご案内

アルコール依存症治療のご紹介

Alcoholism treatment

アルコール依存症をはじめとするアルコール関連問題は、近年大きな精神医療の課題として捉えられています。
アルコール依存症は臓器障害だけではなく、家族(配偶者や子ども達)や職場、対人関係に大きな障害を進行させます。

当院では、アルコール依存症専門病棟における入院治療をARP(アルコール依存症・リハビリテーション・プログラム)を中心に進めています。
また多くの回復者が集う断酒会・AA(アルコホリックアノニマス)への橋渡しもしています。

本ガイドラインは平成27年度厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(障害者対策総合研究事業(精神障害分野))「アルコール依存症に対する総合的な医療の提供に関する研究」の分担研究「アルコール依存症の実態に関する研究」(責任者:長徹二)の一環として作成されております。
そのため、本ページからのダウンロードおよびダウンロードした文書の印刷は自由ですが、営利目的での使用は固くお断りいたします。

対象とする疾患

アルコール依存症をはじめとするアルコール関連問題

初診受付

予約制です。
初診の方へのご案内ページのアルコール依存症外来をご覧ください。

外来診察表

初診の方へのご案内ページの外来診察表「アルコール」の欄をご覧ください。

カードゲーム型依存症治療ツール ARASHI(アラーシー)

アラーシー(Addiction Relapse prevention by Amusement-like Skill-up tool for Help-seeking Innovatlon)のカードと取扱説明書の無料ダウンロード

ARASHIはアルコールや薬物といった依存性物質の再飲酒や再使用につながりそうな状況を想定し、仲間と共に対処能力を養うためのゲームツールです。

本ツールは平成28年度厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(障書者政策総合研究事業(精神障書分野))「アルコール依存症に対する総合的な医療の提供に関する研究」の分担研究「アルコール依存症の実態に関する研究」(責任者:長徹二)の一環として作成されております。
そのため、本ページからのダウンロードおよびダウンロードした文書の印刷は自由ですが、営利目的での使用は固くお断りいたします。

なお、本ツールをグループ療法(集団治療)として使用する場合のグループ療法マ二ュアルもございますので、所属機関名、責任者のお名前、住所、電話番号、メールアドレスを記載していただき、arashi.group.therapy@gmail.comまで、「グループ療法マニュアル希望」とタイトルに入れて、メールにてお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。