患者さんからのメッセージ

患者さんからのメッセージ

患者さんからのメッセージ

患者さん、ご家族、支援者、職員、地域の方、など様々な方からの「ありがとうの声」を紹介するコーナーです。(個人が特定されないよう一部編集しています。)
これは、入院されていた患者さんのご家族からのお手紙です。

弟さまより

拝啓

昨年お世話になりました○○の弟です。
○○先生も○○ケースワーカーも日々日頃多数の患者さんをみておられて、ご多忙のことと存じ上げます。

現在姉は、○○訪問看護の○○さんのもとで、昨年まで月2回、今年より月1回程度来ていただいて、楽しくおしゃべりをしています。独り言、幻覚、幻聴はたまにあるものの、現在、自立支援は受けずに、二人でバスに乗り、○○クリニックや以前住んでいた家の辺りなど、買い物がてらに、2週間で3~4度外出できるようになりました。

ただ○○が、秋から病気がちで、床擦れやらで、ほぼ寝たきり状態のため、二人をみて、ほぼ手一杯の状態です。

本当、○○先生のおかげで、新薬○○の処方で、以前より荒々しさもなくなり、おっとりと穏やかになりました。
○○クリニックの先生も喜んでくれております。

たばこが以前より増えて、20本が25~6本になりました。

ここからは、お二人を笑わせてあげましょう。

ためしに、電子たばこを購入してみたところ、多少時間稼ぎにはなりますが、今でも、先にライターで火をつけようとして焦がしたり、吸った後、灰も出ないのに灰皿に灰を落とす仕草をします(笑)。
本人は、たばことは違うと認識していますが、吸うと、その後、水煙が出るので、納得して使用しています。

他に、じゃんけんをして2度勝ったらたばこをあげると言っています。本人はチョキしか出しません(100回中100回)僕はパーを2回出してわざと負けてあげます(30分にたばこ1本ぐらい)あまりにも、しょっちゅう、「○○さん、○○さん、たばこお願いします、お願いします」というので、腹が立ち、じゃんけんで私がグーを2回出して「やらへん」というと、姉がもう一回と言って、私がグーを出すと、本人は初めてパーを出して、「くれ」といいます。どこで、そんな知恵をつけたのでしょうか?それと、○○さんとは誰のことなのでしょうか?

本当に、みなさんのおかげで、本人は、以前よりずっと落ち着きましたし、以前は全く見なかったテレビを見るようになり楽しめるようになりました。
新聞チラシも見て、洋服を買うといい、私のものは一切買えず、本人のものだけで15着ぐらい買いました。

本人が人間らしく生活ができ、私のストレスも減りました。
本当にありがとうございました。

外部より人が訪問してきても、「あけましておめでとうございます」といえるようになりました。
電話はまだ無理ですが・・・
CDもミニコンポを使って聞けるようになりました。
本当に、幸せな余生を送らせてあげられそうでなによりです。

御礼まで

弟より

たべものの話 こんな時どうしたらいいの? 患者さんからのメッセージ しずくちゃんだより
Copyright © by internet section of Hyogo Mental Health Center:allrightreserved.